access counter
ブログパーツUL5

RECOMMEND
LATEST ENTRIES
CATEGORIES

ARCHIVES
1クリック募金
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK


お薦めBOOKS
お気に入りスキー場
■ニセコ全山
後半の斜度は緩いが、けっこう滑り応えがあり一番好き!
■手稲山ハイランド
札幌市内ではまぁまぁ。深雪は北壁よりもっと奥で!
■小樽天狗山
小中高時代のホームゲレンデ。実家は歩いて数分の麓にあった。
■札幌ばんけい
一番近いスキー場。55才以上は割安!したけど短い!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

56歳からのモーグルチャレンジ!

ただ今(2009年1月末)56歳と4ヶ月!
今年からスキーのモーグルに挑戦!
もしかしたら“死んでしまう”かも?!
はたしてオヤジはモーグルマスターになれるのか、
身をもって検証・紹介します!!
56歳からのモーグルチャレンジ!
0
     
     今日、インターネットで上村愛子チャン中級者のモーグルビデオを見て、気づいたことがございまする。

     今現在の私めのコブコブレベルは、ちょうどビデオでみた中級者そっくりのすべりであると思います。
     明らかに上村愛子チャンの滑りと比べると、ターンしすぎ、スキーを回しすぎだすネ!
     前回イ任蓮▲癲璽哀襪箸蓮肇好ーをスライドさせる"ととらえていたのでありますが、ターンが遅れる原因は、どうもそこにあったようです。
     もう一度、モーグルターンの仕方に対する発想をリセットしなければならないようです。

     滑りながらも何となく感じてはいたのですが、やっぱり、スキーをスライドさせてはダメなようです。むしろ限りなく直線的に最小限の左右へのステップで滑らなければならないかと・・。
     滑るというよりは、むしろ階段を両足でジャンプしながら降りてくる、とイメージする方が、正しいのではあるマジロ。。。
     スキーをスライドして回すのではなく、コブの反動を利用して、スピードを殺しながら、コブとコブの谷の辺りを跳びはねていく、という様なネ、きっと感じですよォ・・。

     そのためには、小さく≪ターンしようとする≫んじゃなくて、≪直滑降で滑る≫くらいの意識で望むのが良いのではないかと思うのでありまする。
     まあ、コブコブなのでリズムが合わないと、跳ねとばされてエライことになりそうな気もしますが・・。
     要は、タイミングとリズム、そして度胸の問題なんでございましょう。

     あ〜、恐ろしい! (゜_゜i)
     でも、この次、スキーに行った時には、絶対に“死ぬつもり?”でチャレンジだあ!!! \(;゜∇゜)/ 
    (・・って、絶対死なないけど。。)

     乞う、ご期待??

    人気ブログランキングへ ← click me please!
    クリックで救える命がある。 click me!
    ★My homepage ≪vitaljapan.net≫へリンク

    | モーグル滑り方考察 | 20:26 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |


    にほんブログ村 スキースノボーブログへ  人気ブログランキングへ