access counter
ブログパーツUL5

RECOMMEND
LATEST ENTRIES
CATEGORIES

ARCHIVES
1クリック募金
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK


お薦めBOOKS
お気に入りスキー場
■ニセコ全山
後半の斜度は緩いが、けっこう滑り応えがあり一番好き!
■手稲山ハイランド
札幌市内ではまぁまぁ。深雪は北壁よりもっと奥で!
■小樽天狗山
小中高時代のホームゲレンデ。実家は歩いて数分の麓にあった。
■札幌ばんけい
一番近いスキー場。55才以上は割安!したけど短い!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

56歳からのモーグルチャレンジ!

ただ今(2009年1月末)56歳と4ヶ月!
今年からスキーのモーグルに挑戦!
もしかしたら“死んでしまう”かも?!
はたしてオヤジはモーグルマスターになれるのか、
身をもって検証・紹介します!!
<< 木村農法 自然栽培の米には放射線が検出されない! | main | あなたでなければ >>
日本人の覚醒とはどういうことなのか?
0
     

    スピリチュアルな世界では
    日本は世界の「ひな型」であり
    「日本人が覚醒しなければ世界は救われない」
    ということは常識です。

    ・・・では、日本人が覚醒する、とは
    具体的には、いったいどういう事なのでしょうか??


    私が思うに、こんなことではないか?と。


    第一段階/世界の真実に気づく

    これまでの日本も世界も、実際にはある闇の勢力が支配してきた、お金を媒介とした「巧妙な奴隷社会」であることに気づく。

    現実には、金融経済も、政治も、法律も、マスコミ&情報も、教育政策も、食糧政策も、エネルギーも、科学も、歴史も、科学的常識も、
    何から何まで巧妙に彼らによって管理された偽りの奴隷化のためのモノであった。
    そして、それは、はるか古代から連綿と計画的に行われてきたものであった。
    戦後から今日に至るまで、一貫して日本はアメリカの植民地で、占領地であった。
    ・・・という事実に気づく。

    これが、最低限必要な気づき。


    第2段階/日本人の真の姿、力に気づく

    東北沖太平洋沿岸地震の時に日本人が見せたような、「互いに思いやる心・姿」こ、日本人の真の姿が反映されています。これは「大和魂」ともいうべき日本人が世界に誇る資質、宝です。

    日本人の精神は、結局、どんどん純化していくと、天に帰一し、天意を我が心として動くことが出来る神そのものの存在、「神惟(かんなが)ら」の心となることが出来るという、尊い血筋を受けついでいる、ということであろうと感じます。

    もちろん、外国にも神のごとき人は当然いる訳ですが、日本人の場合は、血統的、地霊的に外国人に比べるとはるかに「そうなれる資質を民族的にもっている」ということであると思います。

    これは、外国のように、裁きの神を外に見て自分や社会を外から律しようとするあり方とは、180度異なる、おそらく日本国民にしか出来ない文化的、精神的、あるいは血統的・地霊的特質です。

    だからこそ、敗戦後も天皇制がなお続いているのです。
    それは、決して単にGHQの占領政策故に存続しているからではない。
    そこには大きな天意、神意、神計らいが働いていると思います。

    つまり、
    日本人の覚醒とは、とりもなおさず、自分自身が天意のままに生きることのできる神のごとき人、神のごとき人格となることに他なりません。

    誤解を恐れずいえば、自分自身が八百万の神の一柱となって生きること。活動すること。
    それこそが、日本人が覚醒する、ということなのだ、と私は思います。


    そのために必要なのが「身霊磨き」です。

    「霊(魂)磨き」の基本は、日々の反省と祈り(瞑想・統一)。
    嫌なことに出会う度に、その出来事が自分に何を教えようとしているかを、逃げずに真正面から受け止め、反省する。

    神社や聖地など神聖な場にお参りするのもイイようです。


    「身磨き」の基本は、日月地神示が云うように、
    1)化学薬品や農薬を使わない健康な食品と水だけをとる
    2)肉食や乳製品をやめ、玄米、海草、五穀野菜を中心にとる
    3)よく噛んで食べる(ひふみを唱えながら47回噛んでから飲み込むとよいそう)
    心の病は一二三(ひふみ)唱えることによりて治り、肉体の病は四十七回噛むことによりて治る。
    ひふみ よいむなや こともちろらね しきる ゆゐつわぬ そをたはくめか うおえ にさりへて のますあせゑほれけ・・ん
    4)腹一杯たべず1/10を神に捧げると佳いそう
     ・・・
     ・・・
    以上、やるべきことは大したことは無い訳ですが、
    要は、それを日々、実行するかどうか、ですね。

    | Spiritual | 23:18 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    その通りですね。

    私達の天命が完うされますように
    八百万の神々様 ありがとうございます
    | 湘南童子 | 2015/06/26 3:18 AM |










    http://ski.vitaljapan.net/trackback/1283605


    にほんブログ村 スキースノボーブログへ  人気ブログランキングへ