access counter
ブログパーツUL5

RECOMMEND
LATEST ENTRIES
CATEGORIES

ARCHIVES
1クリック募金
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK


お薦めBOOKS
お気に入りスキー場
■ニセコ全山
後半の斜度は緩いが、けっこう滑り応えがあり一番好き!
■手稲山ハイランド
札幌市内ではまぁまぁ。深雪は北壁よりもっと奥で!
■小樽天狗山
小中高時代のホームゲレンデ。実家は歩いて数分の麓にあった。
■札幌ばんけい
一番近いスキー場。55才以上は割安!したけど短い!
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

56歳からのモーグルチャレンジ!

ただ今(2009年1月末)56歳と4ヶ月!
今年からスキーのモーグルに挑戦!
もしかしたら“死んでしまう”かも?!
はたしてオヤジはモーグルマスターになれるのか、
身をもって検証・紹介します!!
モーグル後遺症
0
     
     さて、3月はじめ、手稲山の北壁で滑った際、おそらくとっさに手(ストック)で転倒をくい止めようとしたのでしょう、左の肩から胸鎖関節にかけて痛めてしまいました。
     左手首も、つくと痛いです。

     いつものコトなので、すぐに治るだろうとタカを括っていたのですが、未だに、痛みます。
     今でも寝る時に、左側を下にして寝ると、鎖骨の付け根部分が痛みます。
     肩をすぼめると、左側鎖骨(胸鎖関節部分)が痛みます。

     「これは衝撃による骨格歪及び関節部分へのダメージ」と考え、何とかして回復を早めようと、左肩を回したり、ユルユルと体全体を揺らして歪みをとろうとしたところ、あろうことか無かろうことか、次の日から左肩が異様に凝ってしまいました! 
     ( ̄◇ ̄;

     わたしは、仙骨の異常(というか故障)もあって首もかなり全体的に変形・変移しております。そのため右側の「ボンの窪」あたりは相当しこって固くなっているのですが、これまでは幸いなことに「肩」はまったく凝ったことがなかったのですが・・・。 

     「歪み」をゆるめてとるつもりが、却って肩こりを引き起こしてしまったのであります。。
     おまけに、手を体重を支えようとすると左肘が痛くて、つけません。
     肘にまでダメージ顕在化であります!
     左手首も、痛いゾ!   o(;-_-;)o


     しかし、体って、本当におもしろいものであります!

     生まれて経験したことがないほど、かなり強力に左肩が1日中凝るので、こちらも意地になって、さらに体の力を抜いて左右にユルユルと揺すります。

     通常、「揺らすと歪みがとれる」ものなんでありますが、あまりにもひどく歪みが固定化して歪んだままの状態で体がバランスを保っている場合、揺らし等によってそれなりにとっていたバランスが崩れると、隠れていた歪みが表面化するのでありましょうかぁ??


     とにかく意地になって(?)、揺らしておりますと、何とか左肩のコリは大分解消されたようでございます。
     少なくても、「痛さのあまり思わず肩に手をやらずにはおれない」というような状況からは、脱することができました。

     揺らしてから翌日1日間→左肩部分にひどりコリ。
     その夜、テレビをみながら揺らす→気がついたら左肩のコリはその場で大分解消していた・・であります。
      ▼
      ▼
    体の揺らし方(ユル体操) 



     皆さんも、腰痛や肩こりがあったら、体全体の力を抜いて、ユラユラと揺れてみてください。
     私の場合、体をユスると、あちこち、特に首のあたりでゴキゴキと音がして、不気味であります。
     揺らすと、気分が悪くなることもあります。

     でも、そんなこと気にせず、思い出したらユラユラ揺らしております。

     実は全身を揺らすということは、スポーツや武道にとっても、すんごくイイことなんであります。達人は、上手に全身くまなく揺らすことが出来るものなんであります。
     「液体のような体」であります。
     全身を揺らすためには、どこにも「しこり・こり」があってはならない訳です。
     また、揺らすことによって、「こり・しこり」がとれるもの、らしい。。。

    ユル体操の創始者(高岡英夫師によるユルの話)



    【腰痛のとり方】 
     腰痛の場合は、うつぶせに寝っ転がって、腰を揺らし ます。
     できれば、他の人に両手で腰を左右に押してもらい、腰をゆるめてもらいます。
     軽い骨格の歪み、軽い腰痛は、これだけで解消するということです。
    ※上記リンクの映像ではベルトなどをしている場合の揺らし方。
     ベルトをしていない場合は、左右の腰骨を片方ずつ手で押して左右に振る。



     ユルによる骨格歪矯正の方法の一番良いところは、
     「お金が一円もかからない! 」ことです。
     腰痛、肩こりで苦しんでいる人は、ぜひ 一度 お試しください。

    【50肩のなおし方】
    ※ちなみに、40肩、50肩、60肩で腕が肩より上がらない人は、
     胸鎖関節に片方の手のひらを当てながら、痛い方の肩をまわすと、
     その場で解消することがよくありますので、お試しください。
     ▼
     ▼
    50肩のなおし方
    片手で痛い方の胸鎖関節を押さえながら、痛い肩を回す(回してもらう)と
    その場でなおることが多い。



     

    人気ブログランキングへ ← click me please!
    クリックで救える命がある。 click me!

    ★My homepage ≪vitaljapan.net≫へリンク


    | ゆるスキー | 14:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |


    にほんブログ村 スキースノボーブログへ  人気ブログランキングへ